島崎博美の部屋

公開質問〜食事と毛質・コラーゲン〜

手作り食を実践しているオーナー様とのメール相談を
公開いたします。スクリーンショット 2016-03-27 21.55.36

〜写真は質問のオーナー様の手作り食です。〜
(オーナー様からは公開の了解をいただいております。)

実は先日、フードのテストを何種類か
した中の1つがうちの子.に合わなかったようで
毛が痩せてしまったんです‥

皮毛は予想以上に、食事の影響が直ぐに現れると私も常々感じています。

  来月マッチショーなのに
  そんな時にも効果ありますでしょうか?

毛がしっかりするには、皮膚がしっかりすることが必要です。
血管(コラーゲンの通り道)と血行(交通渋滞の解消)を改善して
土台を作ってからコラーゲンを注ぐと完璧です。

毛が細くなってきたは、血管が弱ってきているかもしれません。
血管が弱っていると、コラーゲンを沢山入れても、スムーズに運ばれていきません。
一方、コラーゲンをしっかりと皮膚に定着させるためには、ケルセチンなどのポリフェノールも必要です。
ショーの直前であれば、使用して実績がある組み合わせを紹介します。
Pリキッド(血行を助ける)➕ボートルケール(ケルセチン入り血管のためのサプリ)を、

Processed with PICSPLAY

Pリキッド

 

Processed with PICSPLAY

コラーゲン沢山入れるまえの準備に使ってみることです。

単独でコラーゲン入れるよりも
スムーズに組織へ運ぶための血管と血行が確保することで

差がはっきりすると思います。

スクリーンショット 2016-03-27 22.11.48

学会発表スライドより引用

2015年 内科アカデミー

トリミングで言われたので
1ヶ月で毛が痩せたのはフードが
原因かと思うのですが
血管を強くする方法があれば
知りたいです。

血管は、

弾力性

柔軟性があり
内腔にアテロームなどの沈着がなく、

内皮細胞に傷がない状態が理想です。

血管の若返り成分の代表的なのは玉ねぎに含まれるポリフェノールなどで、残念なことに犬には使えないものも含まれてます。
効能だけを読んで与えるのは注意が必要です。

私が血管強化のために使っているのは、

被毛の治療にも使っている、

ボートル・ケールとPリキッドという製品です。

非炎症性脱毛症例の治療などで学会で症例発表しています。
毛が生えるのと同時に、目の結膜の充血も解消している

スクリーンショット 2016-03-27 22.05.46

ことからも、毛量と血管の関係が証明されている内容です。

スクリーンショット 2016-03-27 22.05.33

もし必要でしたら、データをお送りします。

耳にニキビみたいなのも出来て
トリミング帰りに手作り食材を買い
直ぐに手作りに戻したら5日くらいで
ニキビは消えました

ニキビは肝の力と瘀血、体の熱 に関係が深いです。
耳の血管は末端で滞りやすい箇所でもあるので、

それらの対策も併用してあげると良いと思います。

手作りで「肝を補う」方法もあります。
参加申し込みいただいている、薬膳講習会の今回のテーマがタイムリーにも肝の養生なので、是非応用して、感想を聞かせていただくと嬉しいです。

 

今までこんな経験無かったので
改めて食べ物の怖さを実感しました。

 

今までは体にも余力がある年齢だったと思いますが、人間と同じように犬も内臓代謝力が落ちてきます。

年齢に合わせた食事が必要と私も感じます。
その子に合った食材やフード選びは
大切ですね

本当にそう思います。その子の年齢、体質、運動量、全て同じ子はいないので、オーダーメイド養生が理想と思います。

愛犬の一番のホームドクターはオーナー様と日々の診療を通じて感じています。

〜公開質問・アレルギーの悩み〜

DSC_0095

〜写真は相談の内容とは関係ありません〜

今回、質問頂いたオーナー様から、公開質問へ掲載の許可をいただきましたので

お答えしたいと思います。

日々の診察で、このような体験をお持ちのオーナー様が多くいらっしゃいます。

ケースバイケースではありますが、参考になれば嬉しいです。

 

 

 

初めまして。

現在私は今年11歳になるMIX犬

を飼っております。

 

7歳頃から様々なアレルギーに悩まされて

きました。

7歳から11歳まで4年間も皮膚が良くならないのは、動物にとってもオーナー様にとっても、ストレス状態は続いているということですね。ストレスが長期に渡ると体の中に炎症が起こります。炎症が慢性的になると、インスリン抵抗性が出てしまうので、それもくすりが効きにくくなる原因の一つと言われています。

最初は動物病院で言われるまま

何にアレルギー反応しているのかわからない

ままステロイドや療法食を試みました。

 

ですが、ステロイドの副作用や

どのような副作用がでましたか?ステロイドの副作用は個体差がありますが、きつい子は飲水量が増したり、体が浮腫んだり、体重増加するなどがあります。具体的にあれば教えてください。

一向に

回復に向かわない愛犬の姿を見て独自の

判断ではありますが、被毛によるアレルギー

検査を行いました。

アレルギー物質の特定はできたのでしょうか?

環境でしょうか?食物でしょうか?

皮膚の赤みや痒がる等

の症状はアレルギー物質を配慮し酵素等

お薬になるべく頼らず体の中からサポート

出来る食べ物を与えて現在落ち着いています。
症状が落ち着いてきたポイントは、オーナー様は何が良かったと感じていらっしゃいますか?思い当たる順に、教えてください。

ただ、ホルモンバランスが不安定で

太りやすいため現在もお薬を飲んでいます。

太っているのは、脂肪でしょうか?太っていると思っていても、レントゲン検査をしてみると、腸の中に便が残っていることもあります。(毎日排便があっても、便秘の子がいます。私は『隠れ便秘』と言っていますが、便が硬くなっていたり、空気を含んだようにベタッとしていたり、色が濃すぎたり、ガスがたまっていたりする子も多いです。)皮膚と腸は、私が診断に取り入れている陰陽五行論では表裏の関係にあり、密接な関係があります。

レントゲン検査の他、食物通過時間を測定する簡単な検査もありますので、一度確認した方が、ダイエット計画も立てやすいと思います。

 

昨日歩き方がおかしいため病院に行った

所急に肥満になったのが原因で腰や脚に

負担がかかっているとの事でした。
便が直腸に溜まっていると、骨盤腔内の神経を圧迫して歩き方がぎこちなくなる子もいます。後肢が前に出にくいなどはありませんか?

プレビコックスと言うお薬を頂き1週間の

様子を見るそうです。

 

 

今回私がお問い合わせした理由ですが、

今現在、様々な健康に配慮されてる商品

が出てきている中必要最低限お薬に頼り

たくないのが本心です。

そう望まれるオーナー様は多くいらっしゃいますが、本やインターネットの情報は一般論が多く、個人のオーダーメイドではありません。
漢方等の伝統医学は、「この子にはこれがいいですよ」を体質、季節、証に合わせて行くことも可能です

勿論、お薬の大切さも理解しております。

そうですね。ステロイドは悪者扱いされていることもありますが、大変切れ味の良い、いざという時に頼りになる薬です。
脊髄損傷、免疫性疾患、ショック等、ステロイドがなければ本当に困ります。

使い方を慎重にする必要がありますので、痒みが止まるからといって安易には処方できないことが多いです。

痒みはアレルギーでもおこりますが、血行障害、瘀血、などでも起こります。その場合はステロイドは逆効果になってしまいます。

 

今後愛犬の症状が悪化しないためにも

痩せる事が1番だと思いますが、プラス

体の中からもサポート出来る物を模索して

おります。

痩せるには、体力と栄養が必要です。腸の働きが弱いと絶対痩せません。カロリーを減らすだけや、食物繊維を増やすやり方では肝臓に負担がかかりますので、当院で独自の「食べて減量する薬膳」があります。
このブログ記事を参考にしてください。

http://lotus-petal.jp/hiromis/

 

痩せる事をもちろん前提として

漢方、鍼灸を与える事により足腰の現状維持

または改善は可能なのでしょうか?

診察してみないとはっきりとは言えませんが、可能性はあると思います。

また、このままお薬になるべく頼らない。

とはやはり難しいのでしょうか。

おくすりと上手にお付き合いできるよう、まずご愛犬の体質を知ると良いと思います。体のバランスを整えるのは時間もかかり、オーナー様とワンチャンと動物病院がチームを組んで取り組む必要があります。
可能性に向けて、頑張るお手伝いができると嬉しいです。

 

以上、メールの内容からお答えいたしました。

伝統医学の考えは、西洋医学と相反するものではありません。病状の観察点、表現仕方が違うだけで、医療はオーナー様と動物達の幸せな生活のためにあるべきと考えています。

 

ダイエット・『結果にコミット〜動物臨床医学会発表を終えて〜

 

ダイエット・『結果にコミット』

〜動物臨床医学会 発表を終えて〜

 

今回の発表演題は 「運動不耐性小型高齢犬の短期減量プロクラムの一例」

 

チワワの9歳の男の子の28日間集中ダイエット記録です。

IMG_1115

目標は「肥満で苦しい呼吸を楽にして、スタスタ歩けるようになること!!」

結果にコミットして頑張りました。

 

もともと気管虚脱(呼吸のたびガーガーと音がする、いつも開口呼吸している 眠る時も苦しそう)の傾向もあり心臓にも雑音が、、、。

 

家の中でもヨチヨチ歩くのがやっとの状態でした。

開始前正面

 

〜呼吸も苦しそうな状態でした〜

もちろん、食事管理でカロリー制限もしていましたが、全く運動が出来ない状態なので体も浮腫んで便秘がちに。

開始前横jpg

 

〜立っているのがやっとの状態でした〜

ダイエット作戦する前は、2〜3日に一度コチコチの便が少量出る、という状態でした。

レントゲン検査をすると、お腹の中は硬くなった便が沢山残っていて、小腸〜直腸までガスが発生していました。

レントゲン

 

〜お腹にガスと便秘〜

肥満は一種の代謝障害病と言われるほど、たくさんのファクターが複雑に絡んでいます。

 

食べるカロリーを制限するだけでは全身状態を良くすることは出来ないと診断し、飼い主さんと話し合いの上、入院管理による短期集中ダイエットを実施しました。

 

今回は便秘とガス抜き、血行改善、体力をつけることをイメージしてプログラムを組み立てました。

便秘・ガス抜きは菊芋ハーブミックスを選びました。

菊芋は天然のインスリンと言われるイヌリンが豊富な食べ物ですが、今回使用したものはハーブと混和しているので嗜好性も良く、サクサクと美味しそうに食べてくれました。

このハーブミックスを食べると、ほとんどの子が便通が良くなりガスが良く出るようになります。

 

実はこの菊芋、完全無農薬で作っています。

コンパニオンプランツ(共生植物)と一緒に仲良く育っています。畑にはミミズがいっぱい。

IMG_1063

 

〜菊芋の収穫〜

畑の話は長くなるので、次回にまた。

 

もともとウサギの鼓腸症に使って良いですよ!!と使っている先生からも評判がよかったので、迷わず選択しました。

 

次は血行改善。

 

浮腫みやすく、血行が悪いと、腸も肝臓も心臓、腎臓の働きも悪くなります。

負担を少しでも軽くするために選んだのはPリキッド

これは小豆から作られていて、オーガニックのレスベラトロールが入っています。全く添加物が入っていないので、体にも優しく、腎臓、心臓が悪い時治療保助として使用実績があったので、今回も選択しました。

 

液体なので、フードにかけるだけで、あげるのに苦労が無いのが魅力です。

 

後は溜まっている脂肪を燃焼するだけの体力が必要です。

良質のたんぱく質は脂肪燃焼のためには必須です。

 

ただ高齢犬の場合、熟成していない肉を大量に食べると、それを消化、燃焼するだけの胃の力、体力がありません。

そこでワンサンテ(鹿肉ソーセージ型サプリ)を選択しました。

ワンサンテは、鹿肉を長期熟成したものを100%使用しており、添加物を一切使用していないのが特徴です。

スイカ、ドクダミ、カラバッシュ、カルダモンなど、排泄を促すハーブの配合が体力アップに繋がるよう考えられています。

 

いままで食べていた食事に加えたので、お腹いっぱい食べることが出来る新しいダイエットのチャレンジです。

DSC_0320

〜食事内容 ダイエット始めて食べられる量が倍以上に増えました〜

高齢になると筋肉量が減ってしまうのも、肥満の原因といわれています。

また、高インスリン血症も併発していたので、本当に緊急性のある状態だったと思います。

 

 

全く歩けないからといって、運動は血行を促す上で大切。

食後の軽い運動は、血糖値のコントロールにもつながるので

今回は炭酸泉に入浴、オイルマッサージを運動の代わりに取り入れました。

 

炭酸泉は血行を促し、血中酸素濃度も上がり、末梢血管も開くことで血圧のコントロールにも良いのです。

 

オイルマッサージは、アーユルベーダの手法で経絡に沿ってリンパ液を流すよう実施しました。

 

 

 

このメニューで、スタートしたところ、2日目には大量の排便。

その後は毎日出るようになり、7日目からは1日2回、定期的に出るようになり、お腹のガスもすっきりしました。

 

これだけでも、押し上げられて苦しかったお腹も凹んで、呼吸が楽そうになりました。

 

28日間、何度か停滞期がきました。

これは、脂肪を燃焼するとき肝臓に負担がかかるので、ゆっくり進めてほしいという体からのメッセージなのです。

 

1度目の3〜4日の停滞期には、炭酸泉の入浴時間を5分✖︎3回に増やすことで抜け出しました。

 

2度目の停滞期には、脂肪燃焼を促すハーブと共に良質のたんぱく質をたっぷり含んだワンサンテを2倍に増やすことで抜け出しました。

 

停滞期を乗り越える際、我慢するのではなくもっと食べられることが今回のプログラムの特徴です。

 

これがダイエット記録です。

 

体重グラフ

 

終了時には、

高かった中性脂肪も正常値となり、

高インシュリン血症も改善されていました。

 

一番おどろいたのは、歩くのも

やっとだったのに、足の筋肉もしっかりついてスタスタと走ることが出来るようになったことです。

 

通常のカロリー制限ダイエットでは、どうしても筋肉量も減少してしまうため

リバウンドしやすい体になってしまったり、肝臓に負担がかかって皮膚がたるんで皮だけ残ってしまうなど、問題も発生しやすいのですが、この方法では
*筋肉量は増えたと思われる。

(フラフラして歩くこともやっとだった子が、家に帰ってからソファーに飛び上がるほど運動能力が向上していることから)

  • お腹いっぱい食べ続けているので、リバウンドもなし
  • しっかり食べているので、体力もつき燃焼しやすい体になった
  • 中性脂肪、血中インスリン濃度が正常化
  • 皮膚のタルミも出ずに、毛量・毛艶も改善した

 

終了時正面

 

終了時横

〜28日後 プログラム終了時〜

症例発表では、

メタボリックシンドローム(高血圧、糖の代謝異常、脂質代謝異常、運動器障害)を治療する上で食事管理が大切なことを証明したかったので、そこはしっかり主張してきました。

 

今後は加えた成分を定量したり、血中濃度を測るなど、データを積み重ねていきたいと思います。

家に帰ってからも、食生活も入院中と同じで満腹食べていますが、リバウンドはしていません。

3ヶ月後横

 

〜3ヶ月後〜

我慢しない、お腹いっぱい食べて、ゆっくり休養をとって痩せる!

 

動物版RIZAPじゃないけれど、このダイエットプログラムも結果にコミットしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬膳倶楽部活動〜秋の養生食〜

秋の薬膳倶楽部活動は五行の色体表の使い方
(これ一枚あると、本当に便利)
対象は人ですが

季節の特徴、体のバランス、色、各臓器と感情の関係。
動物へも応用可能で、食材も80%は動物用に使えるので
取り分けて食べさせられるメニューも多いです。

IMG_0905

これから実習に入る前に

ちょうどお昼からの倶楽部活動だったので
先ずは薬膳鹿カレーをいただきました。
IMG_0903

神戸から参加の河合さんは
寒くて寒くて、、、、としっかり目に服を着ていらっしゃいました。

食べ終わって、調理開始!
IMG_0906
擦れば擦るほど効果も高いとあって
黙って黙々と
IMG_0907

気がつくと薄着になって
薄っすらと汗ばむほど温まった

ペースト状に滑らかに仕上がりました。

IMG_0910
これから『Blancmange』に仕上げて、アツアツでいただきました。

カレーのスパイスと薬膳の相乗効果も加わって
最後は窓を開けて涼みました。

美味しくて、体に優しく、お肌もキレイ、、、そんなデザート系の薬膳メニューでした。

ご参加の皆様、お疲れ様でした。
大勢でお話ししながら作業をすると、あっという間に時間が過ぎて
とても楽しいひと時でした。

倶楽部活動、ご一緒しませんか?
薬膳倶楽部活動は、2ヶ月に一度のペースで調理実習をしています。
奇数月 月末30日と日曜日の2回同じメニューです。

秋の養生食は10月4日(日曜日)2回目開催予定です。
https://www.facebook.com/groups/397522493705914/

〜巣立つ日〜

昨日、子供達は全員新しい家族の元へ巣立って行きました。

DSC_0115

皆それぞれの家族に迎えられて、愛情に支えられながら環境の変化を受け入れている様子です。

すくすく育っているようで本当にホッとしています。

6月から始まった出産→子育て→旅立ちの出来事は、新たな感動とともに

新しい命の躍動感を味わうことができました。

生まれた時は

2015061407240000

400gの体重が

わずか75日で

DSC_0100

体重は9キロを超えました。

毎日毎日見るたびに、大きくなり、周りへの興味もどんどん広がっていきました。

 

 

a150

記念に写真も撮っていただき、アルバムもプレゼントしてくださって

DSC_0061

 

とってもとっても楽しませてもらいました。

今日からまた静かになって、少し寂しい気持ちはしましたが

ああ、楽しかった!!

今日は思い出に浸ります。

 

 

 

Belleと子供達 28日間の記録

Belleの初出産は6月13日深夜にカリカリが始まり

14日明け方までかかりました。DSC_0380

2015061407240000

必死に母乳を飲んでいる姿は本当に愛おしく、疲れを忘れさせてくれました。

DSC_0402

ベルも最初は戸惑っていましたが、直ぐにお世話上手のお母さんしていました。

DSC_0406

 

産まれた翌日の朝、、、

 

6月25日

産後9日目、少しお疲れ気味、、目もショボショボ

それでも子供はオッパイを欲しがる。

ここは、お母さんの頑張りにかかっています!!

たくさん母乳が出るように、血の巡りが良くなるPリキッドご飯炊いて
食べさせました。
IMG_0625
貪るようにムシャムシャ食べてくれて、作った私も嬉しかったです。

それからは、私の顔をみるとおねだりして
車で出かける時も後を追ってきて、忙しくてPリキッドご飯作れない時は

申し訳なくて、ごめんねと心の中で謝っていました。
7月11日
体に必要なものが入っていると、喜びようが違う気がします。

7月3日(生後19日)目がはっきりしてきました。

7月3日

 

7月7日(生後23日)体重も2キロを超えました。

 

 

 

 

 

7月7日

 

 

7月10日(生後26日)

 

 

 

 

 

 

7月10日

 

 

もうオッパイ飲むより、兄弟同士の遊びに夢中なのかと思っていたら

DSC_0500

 

 

体重測定の時、診察台の上にベルが飛び乗ったすきに、チューチューオッパイ吸いはじめたのです。
パン食い競争??
DSC_0492

 

まだまだお母さんが恋しいようです。

DSC_0501

 

オッパイ飲んだ後は、大満足でリラックスしてました。

 

手元に全員残すことはできないので、一緒に住んでくれる家族を探す時期も近ずいてきています。

 

もう少し、幸せな親子を見守りたいと思います。

もし道内の方で、スタンダードプードルをパートナーとして迎えて下さるかたがいましたら、仔犬に会いに来てくださいませ。

メッセージお待ちしております。

 

 

 

 

フジヨシブラザーズさんのアトリエ訪問

6月19日のイベント打ち合わせで、フジヨシブラザーズさんのアトリエをお尋ねしてきました。

お部屋に入るとまず飛び込んで来たのが、豹の絵とクッション達。
綺麗に整頓されたアトリエにぴったりのスツールクッション

インターネットなどで知っている絵でも、実物を目の前にすると、ドキドキワクワク!!!!

 

アートユニットとして2000年からお二人で絵を描きだし、

ライブペインティングの他、

舞台や美術の世界へも広く活動していらっしゃいます。

 

金がお兄様の太一郎さん、銀が弟の幸太郎さんというアートな名刺をいただいて、
DSC_0416

ますますテンション上がりました!!

 

 

依頼のきっかけは

イベントの計画がまだ進んでいなかった今年の春、

東京農工大学の生協で見つけた青いキリンのファイルを

友人が買い求めたことです。

 

その色使いと優しいキリンの表情が忘れられず、

思い切って連絡したところ

トントン拍子に話が進み、札幌のイベントに来てくださることになりました。

そして今回、

 

なんとアトリエの所在地がファイルを買った東京農工大学のキャンパス

の直ぐ近くだったことが分かったのです。

お二人は、フジヨシブラザーズのグッズが、

すぐ近くの大学生協で販売されていることも気がつかなかったそうです。

 

そんなお話をしながら、イベント当日の流れを打ち合わせ、
Happy Animal’s のモチーフで北海道初の

本格的ライブペインティングが実現に向けて、動きだしました。

 

 

打ち合わせ後、新作のファイルにサインをしてくださいました。

Fujiyoshi と弟の幸太郎さんが書いた後、Brother’sと兄の太一郎さんがサイン

なんとその順番もその時々で違うそうです。

どちらかが先にFujiyoshi  と書いて、後にもう一人がBrother’s

エッ?どちらも区別がつかないくらいサインの字のバランスが同じ、、、。

どうなっているんだろう???

 

役割分担しているというよりは、一つの体の右と左のような、

不思議な気持ちに包まれました。

サインのファイル

 

 

更に上がりきったテンションに背中を押してもらい、

「作品の前で記念写真撮らせてください!!」

と図々しいお願いをしたところ、

どうぞ、、と

作品の前で、お二人の間に立たせてくださいました。

 

3人で

その時、後ろに人が立っているような、暖かい感じがしたのが今でも忘れられません。

 

作品から出ているパワー。本当に凄いです。

二人で一つの作品を仕上げていくことは、

普通では考え難いですが、

このお二人なら自然に描けるのだろうな、、、。

 

 

ライブペインティングのパフォーマンス ますます楽しみになりました。

アートな絵筆の動きを直に見るまたと無いチャンスです。

ぜひイベントでFujiyoshi  Brother’snoの世界を一緒に体感してください。

 

当日の混乱を避けるため、イベントの事前お申し込みをお忘れなく(^_^)

http://dobutsuantiaging.wix.com/2015

 

 

 

 

 

 

薬膳クラブ〜マジカルハーブ〜

〜マジカルハーブ、イラクサ〜

イラクサ科の薬草を、畑の準備で行った時に見つけました。

IMG_20150419_091137

雨上がりの畔には、一面に広がっていました。

全草にわたり細かな棘に覆われています。

IMG_20150419_140151

その棘には蟻酸が含まれているため、

少しでも触れると水ぶくれができてしまいます。

その痛さを地元の人達は『噛まれた』と表現するくらいです。普通の軍手を履いて採ろうといたら、噛まれたような痛みを感じて

車にのせてあったスキー手袋に履き替えて採りました。

 IMG_20150419_090037

噛まれた後も、一日中痒くて真っ赤になっています。

別名『蕁麻』ともいい、『蕁麻疹』の語源になった程の強烈なハーブです。

繁殖力が強くてあ ちらこちらに群生するため、

大きく成長したものは

厄介者扱いされます。

実はこのハーブとても美味しくて、

地元の皆さんにとっては、

噛まれる危険を冒しても食べたい春の味覚となっています。

えっ、口の中が腫れてしまわないの?と心配する人もいるでしょう。

大丈夫です!

熱を加えると蟻酸は分解されてしまうので、

天ぷらにしたり茹でておひたしにして食します。

20150420074311

サクッとした食感、ほろ苦さは正に春の到来を感じます。

鉄分をはじめとしたミネラルや栄養が豊富なので、

女 性にお勧めのハーブと言われています。

ところでこのイラクサ、実は伝説やおとぎ話に出て来るマジカルハーブなのです。

11世紀に活躍 した仏教の行者ミラレパは

最後の苦しく孤独な修行の時に、瞑想以外に使う労力と時間を惜しんで、

食べ物といえば洞窟の近くに生えていたイラクサしか口にせず、

全身が緑色になってしまったと伝えられています。

その修行の後更なる大超能力をも会得し、

偉大な伝説の行者になったと讃えられています。

もう一つ、白鳥と王子の物語では、イラクサは悪い魔女の

呪いをとく為の重要なアイテムとして登場します。

白鳥になった兄達の魔法を解く為に

素手でイラクサを捕りにいく若きお姫様、

もし本当ならば壮絶なことだったろうと

痛みを想像して身震いしてしまいます。

箱を開け実物を眼にしたとたん、私の頭の中には

一瞬にして物語の世界が広がって行きました。

厳しい瞑想をしたミラレパや柔らかな手で上着を編んだ白鳥王子のお姫様の物語を思い出しながら、マジカルハーブ、イラクサを頂きました。

取り残してきたイラクサが気になって気になって仕方がない夜を過ごしたので、近々でまた採りに行くつもりです。

IMG_20150419_090105

「犬の非炎症性脱毛の2例」

動物損保会社の統計によると、動物病院に来院する病因の第1位は皮膚疾患だそうです。

1アニコム

日頃の診療でも、皮膚の悩みは本当に多く、長年悩んでいらっしゃるオーナーさんからも頻繁に相談を受けます。

痒み、フケ、脱毛、腫瘍など皮膚病と言っても範囲が広いのですが
今回発表のテーマは、これといって原因が見当たらないけど、ごっそり毛が無い、、、、、(非炎症性脱毛)という子達の例です。

11治療前

ゴールデンレトリバー  3歳 去勢オス

3脱毛2

ミックス犬   7歳  去勢オス

 

犬の非炎症性脱毛の原因には、ホルモンの失調、季節性、遺伝性などが知られています。

4脱毛原因

検査をしても原因がわからない、どんどん脱毛範囲が広がっていく
オーナーさんはとても不安に感じるし、美容上の問題だけとは言えない内科的な問題が潜んでいるのでは?
といろいろ検査を受けられても、はっきりとした検査上の異常が出てこない例も多いようです。

 

血液検査やアレルギー検査 ホルモン数値の測定など、検査を進めていきますが、伝統医学的には、「毛」は大腸と「肝」が大きく影響を及ぼしていると考えられています。

 

今回の2例はいずれの検査数値にも異常がなく、半年以上治らずにどんどん脱毛範囲が広がってきたということで、オーナーさんの希望で治療開始しました。

「隠れ便秘」

毛にトラブルを抱える子に多く見られる
のが「隠れ便秘」
毎日規則正く出ているのに、レントゲンを撮ると
たくさんのウンチとガス、、、

5レントゲン

この状態を放置したままだと、いくら発毛の成分を補っても
吸収が悪く、治療も思うように進みません。

(毛の量や艶などでお悩みのオーナーさまへは、腹部レントゲン検査をおすすめしています。異常が見られた時は、食べ物、漢方薬などで先ず腸のお掃除に取り掛かります!)

「皮膚、結膜の充血」

次に注目したのが、体のあちこちに赤黒く充血している所や、薬を使っても残ってしまう結膜の充血箇所があることです。

6目充血

8鼠径発赤-2

皮膚の表面にはたくさんの血管が通っていますが、その血管の透過性が狂ってしまうと、皮膚が血行不良となり
毛を保っていることができなくなってしまいます。

 

編熱」

また「編熱」も、厄介な皮膚のトラブルの原因の一つです。

オーナーさんから

* 手足をよく舐める
* 体の表面は冷たいのに、すぐにハーハーと息が荒くなる
* 歯茎が赤い
* 耳が冷たい・耳が熱い
などの症状を聞いた場合、「編熱」を疑います。

治療の流れ」

今回の2例で行ったことは

腸を整え(漢方薬)
血管の透過性を正常にし(ボートルケール)
編熱を解消(VAゲッツ)
循環を良くする(Pリキッド)
肝の鬱滞と熱をとる(アミックス)

 

これらを証に合わせて組み合わせ、良いバランスに持って行ったところ
約2ヶ月〜3ヶ月で脱毛部位にはこんなに毛が生えてきました。

11治療前

治療前

12治療後

治療後

13治療前

 

治療前

 

14治療後

治療後

 

毛質もしなやかに、充血気味だった結膜もすっきりしました。

 

 

 

 

6目充血

 

 

 

 

 

16目治療後

眼の充血がとれるのと同時に、頻繁に舐めていた手も舐めなくなったそうです。

また、気になる隠れ便秘も解消し、すごく過敏な性格も落ち着いたとオーナーさんは話してくださいました。

 

体質を知り、傾いているバランスを戻してあげるのは、オーナーさんと情報をしっかりやりとりすることがベースになることを再認識した症例でした。

抗生物質、かゆみ止め、抗ヒスタミン剤など使わずに約2ヶ月〜3ヶ月で脱毛治療は終了しました。

 

今後は、皮膚疾患と血管透過性、腸、編熱の関係について研究を重ねていきたいと思います。

発毛は研究テーマとして二重丸で取り組んでいきたいので
お悩みの方は一緒に体調管理に取り組んでみませんか?

(治療経過、検査データなど持参いただくとスムーズです)

日仏会館の近くで見つけました、、、。

先日参加した日仏獣医学会は、恵比寿駅からも近い日仏会館で例会を持っています。

40分ほど早めに着いたので、周辺を散策しました。

黄色花がフサフサと揺れていたミモザ
ミモザ
化粧品やシャンプーなどに良く使われていますが、私の身の周りでは
あまり見かけません。
ミモザサラダはこの花を似せて作っているそうです。
フランスでは本当に良く使われる定番ハーブです。

日仏会館向かいのギヤマンでは
生葉が珍しい「ベルベーヌティー」を試してみました。
 ベルベーヌ

日本名「香木水」と言われる通り、レモンの香りのする
スッキリ系の味がしました。
生葉を使っているせいか、飲んだ後、シャキッとした気分は予想を超えて
キレが良かったように感じました。

たけのこの形をしたモンブラン
3231
栗の味が濃厚で、ベルベーヌとの相性もとても良かったです。

栗はフランスでは渋皮をそのまま取り除かずに使うことが多いようですが
渋皮の中にはポリフェノール類が多く含まれています。
今回頂いたモンブランも、渋皮が少し含まれて
苦味もほんのり感じる絶妙なバランスは、大人の味がしました。
私も何度か渋皮を使ってみようと試していますが
甘さと渋さのバランスにはいつも苦労します。

立ち上がろうとふと外を見ると、保育園の子供達がお散歩に出かける準備していました。
幼稚園
中に日本人?と思われる子供が一人だけいましたが、
一緒に手を繋ぐと、バラバラになるのを防いでいる
電車のつり革のような便利グッズに関心してしまいました。

ほんの少しの時間でしたが、とても楽しいひと時でした。

もう少し時間に余裕があると、もっとたくさん情報が収集できるのにと
後ろ髪引かれるおもいで、向かいの日仏会館に向かいました。

時間工夫して、今度はゆっくり来たいです。

カレンダー

9月 2019
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

博美’S カテゴリー

月別アーカイブ